CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 栄養は量れない。 | main | 適温 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
サラブレット
師匠が長年探していた大豆が、ひょんなことから見つかって、昨日届けられた。
今日、早速豆腐に。

豆乳を煮始めると、なんともいえない濃厚な香り、師匠の目は既に血走っている。(実は二日酔いだったりする。)

煮えた豆乳を少し飲んでみると・・・とてつもなく甘い。調整豆乳と間違われるぐらいに甘い。もちろん、あんな下品な甘味ではない。

師匠はかなり興奮気味である。昨日ほとんど寝てないにもかかわらず・・

そしていよいよ寄せである。

この大豆、ある在来種の大豆と甘味の強い改良種をかけ合わせたいわばサラブレットで以前は国の奨励品種だったのだが、固まり難いということで豆腐屋が敬遠し、作る農家がいなくなったという代物。

にがりを投入し撹拌・・・簡単に固まってしまった。さすがである。二日酔いなのに、いとも簡単に寄せてしまった。もうこりゃ酸拳だ。

このあと師匠はしばらくbreak。いい夢見れたろうなあ。


日本には、まだまだ知られていない大豆がたくさんあるようだ。そういう大豆を見つけるのも豆腐屋の醍醐味である。しかし、農家の数が減るとともに、そういう国産の大豆も一つまた一つと消えて行く。惜しいことである。

惜しい・・・なぜ惜しいのか。それは、国産の、しかも在来種がらみの大豆はたいてい「美味い」のである。

国産大豆を使う意義は色々あると思うが、まずもって「美味い」ということがその大きな理由。

僕はやっぱり美味いものを追求したい。そして食べ続けたい。
なんだか「欲深い」という戒めの声が聞こえてきそうだけれど・・・




| 日々 | 22:18 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:18 | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/02/22 7:27 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/02/22 11:14 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/02/22 10:21 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/02/22 10:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tofuya1968.jugem.jp/trackback/22
トラックバック