CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< あなたに逢えてよかった | main | アカルイミライ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
忘れてはいけない
平成15年11月29日、
外務省職員であった奥克彦大使、井ノ上正盛一等書記官がイラクで射殺されました。

覚えていますか。
僕はこの記事を見るまで忘れていました。

思い出してください。

そして次のサイトを見てください。

「奥・井ノ上イラク子ども基金」

国際貢献の意味、
理不尽な世界、
自分がやりたくないこと、
自分にできること、
自分の責任、

僕は豆腐を作ります。

| 日々 | 22:05 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 22:05 | - | - |
コメント
自分はテロの直後にアフガン&イラク戦争反対のデモと署名に参加しました。
地位ある方々の被害の裏では、今も名も無き方々の死が累々と続いていますね。

基金は素晴らしい試みであると思います。

戦後民主権を“与えられた国民”は、自らの責任により“選ぶ”自由と義務を手にしました。

エリート官僚を監視・管理・断罪出来るのは“内閣&裁判のみ”です。
国民・下級役人にはその不正を直に正す権限はありません。

組織疲労と腐敗が進めば、部下や現場の方々がどれ程誠実であっても被害は拡大の一途を辿ってしまうんです。

幸せとは与えられるのではなく、自らの責任と働きかけで政治を国家を“創り出し選びとる勇気”であるように考えています。
| 蜂蜜シュガー | 2007/05/08 10:22 AM |
蜂蜜シュガーさん

まずもって「選ぶ自由と義務」を放棄している人々がけっこういるように思います。目を背けている間に不幸な社会になってしまうというようなことも起こるでしょう。もう既に進行していると言ったほうがいいかもしれませんね。

今は、幸せな未来を選び取れるように、かっと目を見開いて、やるべきことをやっていくつもりです。
| shubo | 2007/05/10 8:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tofuya1968.jugem.jp/trackback/32
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/08 10:03 AM |